お湯を注ぐと花が咲く。そんなお茶をご存じでしょうか?

中国では、お茶の種類がとても豊富です。
その中でもひときわ優雅で、中国旅行のお土産でも人気なのが工芸茶です。

小さな毬のような形状のお茶にお湯を注ぐと、じょじょに茶葉が開き本物の花が咲きます。
工芸茶は、他の中国茶と違い、特に決まった入れ方がないため
見た目をじっくり堪能したのちにお茶を楽しむことができるのも魅力の1つでしょう。

中国茶の歴史はとても古く紀元前にさかのぼるそうですが、
工芸茶は誕生してまだ30年ほど。

現在若い女性の間でカジュアルに楽しめるお茶として親しまれています。

その他にも花の香りを楽しむ『花茶』なども人気です。
花茶は、製法や原料によって種類が分かれます。

・1つ目は、茶葉の香りを吸収するという特性を利用し花の香りを吸わせた製法。
(緑茶の出がらしを乾燥させて冷蔵庫などに入れて消臭する効果がよく知られていますね)
・2つ目は、乾燥させた花弁自体を茶葉に混ぜ込んだものです。
・3つ目は、花弁自体をハーブティーのように煎じて飲むものです。

【茶葉を利用した花茶の代表】
 ジャスミン茶 - ジャスミンの花弁で香りをつけたもの
 桂花茶    - キンモクセイの花弁で香りをつけたもの

【花そのものを使用する花茶の代表】 
 菊花茶   - 乾燥させた菊の花にお湯を注いで飲むもの。プーアル茶など他の茶葉を混ぜたものもあります。
 玳玳花茶  - ダイダイの花を乾燥させてお湯を注いで飲むもの。

現在では、インターネットでも広く流通しておりますので是非
リラックスタイムに取り入れてみてはいかがでしょうか。

中国に住む漢民族の一種に客家という民族があります。

彼らの郷土料理を客家料理といい、中華料理の一つとなります。

客家は華北から華南へ大規模な集団移動をしてきたとされています。

広東省東部・河西省南部・福建省西部の山地を中心に生活しており、四川省や広西チワン族自治区へ移住したり、インドネシアやフィリピンへ移住したりした人たちもいます。

上記の広範囲で伝統的に食べられてきた料理が客家料理です。

客家の人たちが一番集中している福建省・江西省・広東省の山間部の生活では、山菜やタケノコ、川魚やカエルを獲ったり、鶏や豚などの家畜を育てたりしながらこれらを食材として利用していました。

華南では、米やサツマイモを主食としており、煮物や蒸し物を中心とした料理をおかずにした食生活が造られました。

移動の多い生活だった影響で、携帯可能であり保存が出来る漬物や乾物、燻製を利用するようになりました。

カラシナの一種であるセリホンを漬けた「酸菜」やこれを干した「梅菜干」が料理によく用いられ、地域によっては干し芋や干しタケノコ、干し大根などの他に豚やオオハタネズミの干し肉を食べることもあります。

労働や移動など体を動かすことが多い為、塩分を補給する必要があります。

その為に塩辛くて脂っこい、全体的に濃い味付けの料理が多いのが特徴です。

風味付けには唐辛子や生姜、酒や醤油がよく使われます。

その一方でスープは非常にあっさりしたものがあるのは面白いことです。

調理法としては石蒸しや竹蒸し、塩蒸しなど多様な蒸し方があります。